回避性愛着障害の克服のために

回避性愛着障害の克服のために

愛着障害には回避性愛着障害というものがあります。愛着障害の症状に回避性人格障害の傾向が加わったために、回避性愛着障害と呼ばれています。

愛着障害を克服しようとする人の多くにこの回避性愛着障害の傾向があることは非常に多いです。

回避性愛着障害の克服

回避性愛着障害の人では、何事もチャレンジから避けがちで、このようなことの原因は過去のトラウマ体験であることがほとんどです。過去に手痛い嫌な体験をしたので、もう二度とそんなことしてたまるかという心の傷がこのタイプの人の回避傾向をより一層強固なものに変えてしまいます。

近年の研究によると、トラウマ体験にはその人の遺伝子情報を変えてしまうドラマチックな負の効果があるというがわかっています。それでは、対策、克服法について書いてい行きます。

運動の習慣

運動の習慣をつけると、過去のトラウマ記憶の引き出し、追体験をより容易に抑制できるようになります。運動をすると前頭葉という人間の認知機能に司る脳の機能が強化され強まっていくので、扁桃体に強烈に刻み込まれたトラウマ記憶を抑制することが可能になっていくという話です。

扁桃体と前頭葉は神経がつながっているので、前頭葉側から扁桃体の過剰反応(愛着障害の不安定さにつながる)を抑制可能だというわけです。さらには運動をすると、cAMPといううつ病の人で低下している酵素の増産、BDNFという抗うつ作用を示す物質が脳内で増えていくことも既に判明しており、回避性愛着障害を克服するのに必要不可欠であるといっても過言ではないほど重要なモノになります。

瞑想の習慣

瞑想の習慣だけをつけるのではなく、運動と併用してこそ、瞑想の効果が回避性愛着障害の克服のプロセスにおいても高い切れ味を示すようになってきます。

瞑想は、何か1点を凝視し、そこに意識を集中したり、呼吸を数えることに意識を集中したりするいわば、集中力のトレーニングです。そして、この集中力を司る脳の機能はすぐ上で説明した前頭葉という部分が担当しています。

したがって、回避性愛着障害の克服のために運動、それから瞑想は必須要件といえるほど大切になってくるというわけです。

生活習慣全般を改める

生活が回避性愛着障害のような、心の病を生んでいるという側面もあります。社会的に孤立したり、客観的に見て不健全な生活を送っているという自覚のある人は、健全な生活を送るように少しだけでもいいので心掛けてください。

そういった些末なことの積み重ねがオキシトシンリッチな回避性愛着障害の克服した状態へとあなたを誘うことになるわけです。

まとめ

回避性愛着障害を克服するためには

・運動の習慣
・瞑想の習慣
・生活習慣の健全化

をすべて適用していくことが最短ルートで最も確実な方法になります。
これら事項をすべて並行的に実践していくことが回避性もしくは単一の愛着障害を克服する核になります。他のページにおいて、このサイトでは愛着障害を克服するためのABC(基礎知識)が書かれてありますので、ぜひ他のページも読まれてみてください。

必ず役に立つものであるはずです。

愛着障害の克服【結論】 (←ホームへ戻る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です